内職を始める前に

自動車や自宅のローン、家族旅行や各種税金…サラリーマンとしての収入があっても、更にお金が必要なときってありますよね。また、本業の仕事以外の部分でも、試してみたい収入方法や、磨いていきたいスキルがある人は、たくさんいることでしょう。
そんな人には、サラリーマンとして勤めながら、自宅で内職をして、内職収入を得ることがおすすめです。もちろん、中には「アルバイトや内職は、どんなものであっても禁止」という企業もあれば、「こういうタイプのものはオッケー」という原則がある企業もあります。
ルールとしては禁止だけれど、こっそりやっていて、本業そのものに支障を来していなければ黙認してくれる、というタイプのところもあるでしょう。自分の勤めている企業がどういったスタイルをとっているのかは、事前にきちんと把握した上で、内職に臨む必要があります。土地や家賃の収入がある場合はおとがめなし…なんてところもありますからね。資産運用もひとつの形です。
一般的な会社員の場合、普段の給与や賞与は、「給与所得」とカウントされます。そして、内職の収入は「事業所得」か「雑所得」にカウントされます。確定申告はこれらの金額によって決定されますよ。

他人に稼いでもらう内職

儲かる内職として他人に稼いでもらうという方法があります。自分は何もしなくても他人が稼いでくれれば一番いいですよね。そんな話があるわけがないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなに何万円もは無理でも1ヶ月に数千円くらいなら可能です。
1ヶ月に数千円、何もしなくても人が稼いできてくれるなんてとてもいい内職ですよね。人によっては1ヶ月に2万円ほど何もしなくても内職で得ている人もいます。やり方はとても簡単です。
これはポイントサイトを人に紹介して紹介料をもらって稼ぐという方法です。とても手軽です。紹介するだけなのです。わざわざ紹介しなくてもブログ、サイトを運営している人ならインターネット上で不特定多数の人にも紹介することができるのでとても手軽です。
ポイントサイトですから、たとえばアンケートに答える、クレジットカードの申し込みをする、懸賞の応募といったいろいろなサービスを利用すればそれだけでもポイントがもらえるというものです。
家にいて子育てをしている人で少しお小遣いを稼ぎたいと思っている人も大勢いますので、そういった人たちに紹介をして、ポイントサイトに登録してもらえばそれだけで紹介料がもらえて、なおかつ自分でもアンケートに答えたりアクションを起こせば数千円稼げます。

勉強しながら内職収入

FXや株式投資は、サラリーマンとして働きながら、内職収入を欲している人には向いている手段のひとつです。特に、普段の仕事に関係したスキルや知識を活かせる人も多いでしょう。
まったく違うタイプの企業に就職したけれど、学生時代は経済を勉強していたという人が、内職のスタイルでこれらの分野に関わっているパターンも非常に多いですよ。
会社によっては内職やアルバイトを禁止しているところも多いですが、これらの収入にはとやかく言わないスタイルをとっているところもありますからね。もちろん、普段の仕事をおろそかにしていないというポイントは最重要でしょうけれど…。
株や投資の世界は、リスクが高く、ギャンブルのように感じている人もいます。もちろん、ある程度は必要ですが、このリスクを下げることはできます。ハイリスクハイリターンを求める方法もあれば、ミドルリスクミドルリターンを考えて取り組める方法もたくさんあるのだということ。
そしてこれらを行う際には、きちんとした知識が必要なのです。コンサルタントに依頼して、専門のやり取りを一任してしまう人もいますが、それでも判断能力は必要です。働きながら知識をつけ、勉強をしながら内職収入を目指していくのもおすすめですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ